ゴミはどうなる?どこに行く?

ゴミの分別の話しを少ししましたが、家庭によって分別され回収されたゴミは一体どこに行って、どうなるのでしょうか?

家庭で集められたゴミは、各自治体で決められたゴミ処理場に運ばれます。運ばれたゴミのうち燃やせるゴミは燃やし、燃やせないゴミは小さくつぶして土に埋めます。資源ゴミはその名前の通り資源になるゴミ、つまり何かの材料になるゴミなので、リサイクルが出来る会社に運び、もう一回使える材料にしてもらいます。

燃やしたゴミも全て消えてなくなる訳ではありません。きれいに燃やしても大量の燃えカスや灰が出ます。それらは埋め立てることになります。つまり、ゴミを燃やす意味というのは、そのままだとかさばってしまうので埋め立てる前に燃やして小さくしておこうという程度のものなのです。

資源ゴミやその他特殊なゴミ以外のゴミが行きつく先は、全て埋め立て場になります。埋め立て場に行く前に、燃やせるものは燃やして小さくし、燃やせないものはつぶして小さくします。このように埋め立て場がすぐにいっぱいにならないようにする工夫を、「中間処理」と言います。みなさんのご家庭で分別をすることは、中間処理の下準備といったところです。

燃やせるゴミ?燃やせないゴミ?
埋めるところがないという問題

協賛企業